blitz-time

人生100歳まで楽しもう!


最近歳のせいか、よく将来について考えるようになりました。
そんななか、ライフシフトという本を読み、100歳まで生きるために
何が必要かを考えるようになりました。人生100まで楽しもう!

ラグビー熱がますます過熱してきてしまった

f:id:mfblitz:20190929084342p:plain

ラグビーワールドカップが盛り上がってきましたね!4戦全勝でグループ1位通過とか、すごいとしか言えません!!

ラグビーに興味を持ったのは、小学生のことに見た『スクール・ウォーズ』以来です。その頃はサッカーをやっていましたが、たまに田んぼでサッカーボールを使ってラグビーをしてました。

ラグビーのルールで知っていたのは、

・前に投げてはいけない

・前に落とすと反則

・トライすると点が入る

ぐらいでしたね(笑)。

2015年のワールドカップでも、奇跡の勝利を挙げたことぐらいは知っていましたが、その後も、五郎丸選手が有名になっていることぐらいを知っているだけで、ラグビーに興味が湧いたかというとそうはなりませんでした。

 

しかし、今回は違います。めちゃくちゃラグビーに興味が湧いてきました。

へたをすると、サッカーより面白いのではないでしょうか!?

これまで、日本代表の試合といえば、「サッカー」ぐらいしか興味がありませんでしたが、試合だけ見ると、ラグビーのほうが見ごたえがあるように思います。なぜだろうか?と考えてみました。

やはり、『息が詰まるほどの攻防』ではないでしょうか?

サッカーの試合ではシュートが奇麗に決まったり、スルーパスがさく裂したりなど、『技』が決まるとスカッとしますね。

ラグビーでは『生身のぶつかり合い』があり、選手の身の安全を心配してしまい、ドキドキしてしまいます。そのぶつかり合いがあるごとに、息が止まります。

どこかの解説が言っていました。『あの数分は息をしていなかったかもしれない』と。私もそうでした。嫁も同じことを言っていました。

本気の戦いというのは、やはり人を魅了しますね。

 

ただ、よくよく考えると、ここまで人を魅了するスポーツが、なぜ今まで日本でもメジャーになっていなかったのでしょうか?

日本のメジャースポーツといえば、『野球』『サッカー』『柔道』『水泳』などでしょうか。。。

子どものころからやっているスポーツは、やはり国民に広く人気があります。もちろん、『花園』を目指した高校ラグビーなどもあるかと思いますが、日本で流行らないのは、やはり『危険』だからではないでしょうか?体格の小さい日本人には適していないように思います。体格の小さな選手でも活躍している人はいますが、その人たちも体を張らなければならないシーンもあります。

松島幸太郎選手や田村優選手が大きな相手選手に投げ飛ばされているシーンも見かけます。

怖いですよね。。。一般的な日本人には無理。。。

それだけに、頑張っている日本代表を見ていると、胸が熱くなります。

 

真似はできませんが、日本を背負って頑張っている日本代表選手には敬意を払い、全力で応援したいと思います。

 

頑張れ!ラグビー日本代表!!

 

ラグビー知的観戦のすすめ (角川新書)

ラグビー知的観戦のすすめ (角川新書)