blitz-time

人生100歳まで楽しもう!


最近歳のせいか、よく将来について考えるようになりました。
そんななか、ライフシフトという本を読み、100歳まで生きるために
何が必要かを考えるようになりました。人生100まで楽しもう!

【Googleカレンダー】万が一に備えた予定のバックアップ/復元の方法

f:id:mfblitz:20190804055905p:plain

Googleカレンダーで予定を管理していると、ある時、「バックアップをとっておけばよかった!」と思う時が訪れます。

  • Googleアカウントが利用できなくなった
  • Googleアカウントのパスワードを忘れた
  • 別のGoogleアカウントに乗り換えたい
  • 誤操作により予定やカレンダーを削除してしまった
  • アプリの不具合で予定が消えてしまった
  • Googleカレンダーから他のカレンダーに乗り換えたい

管理しているデータがすべてクラウドに保存されるGoogleカレンダーですが、万が一の時に備えて定期的にバックアップを取っておきましょう。

Googleカレンダーのバックアップ方法

Googleカレンダーのエクスポート

「カレンダー設定」の「エクスポート」からカレンダーのデータを出力することができます。

f:id:mfblitz:20190804052049p:plain

 

ダウンロードしたファイル

エクスポートしたデータはZipファイルで圧縮された状態でダウンロードされます。 

f:id:mfblitz:20190802011205p:plain

ZIPファイルの中身

 Zipファイルを解凍すると、下記のように意味不明なファイル名で、拡張子が「ics」のファイルが含まれていることを確認することができます。エクスポートされたデータはカレンダー単位で、このicsファイルとして出力されることになります。

f:id:mfblitz:20190802011451p:plain

 

意味不明なファイル名ではどのファイルがどのカレンダーであるかが判別できません。確認するには、各カレンダーのカレンダー設定で、「カレンダーID」を確認します。「(カレンダーID).ics」というファイル名になっていることがわかります。

f:id:mfblitz:20190804053454p:plain

 

icsファイルの中身はVCALENDAR

 icsファイルはテキスト形式なので、メモ帳等で中身を確認することができます。「BEGIN:VCALENDAR」という文字列から始まっています。このファイルは「iCalendar」という形式のファイルで、カレンダー毎の各予定が定義されたファイルフォーマットになります。

f:id:mfblitz:20190802011630p:plain

このファイルの中身まで把握する必要はありませんが、iCalendarの内容を把握されたい場合はこちらをどうぞ。

iCalendar - Wikipedia

 

Googleカレンダーの復元方法

Googleカレンダーのインポート

Googleカレンダーのデータを復元するには、GoogleカレンダーからエクスポートしたiCalファイル(ics)をインポートします。

インポートでは、カレンダー単位でiCalファイルを取り込む必要があります。Googleカレンダーのエクスポートで取得したデータがZipファイルの場合は、Zipファイルを解凍し、中身のiCalファイルを利用します。

 

iCalファイルを「パソコンからファイルを選択」で指定し、カレンダーデータを取り込む先のカレンダーを指定します。そして、「インポート」を実施すると、取り込んだ予定がカレンダーに反映されます。

f:id:mfblitz:20190804052354p:plain


インポートされた予定の件数が正常にでれば、取り込み成功です。

f:id:mfblitz:20190804053154p:plain

Googleカレンダーのエクスポート/インポート まとめ

Googleカレンダーを利用すれば、予定はすべてクラウドで管理され、端末や場所を問わず、予定の管理を行うことができます。しかし、Googleカレンダーにすべてを委ねた状態で、万が一利用できなくなった場合、すべてを失うことになります。

「今日の予定をすぐに確認しなければならない!」となっても成す術もありません。そうならないために、日ごろからGoogleカレンダーのデータをバックアップしておく習慣をつけておきましょう。

デジタルサービスを便利に活用しながらも、その内容を把握した上で依存しないように取り組んでおく必要があります。