blitz-time

人生100歳まで楽しもう!


最近歳のせいか、よく将来について考えるようになりました。
そんななか、ライフシフトという本を読み、100歳まで生きるために
何が必要かを考えるようになりました。人生100まで楽しもう!

『2週間で10キロ痩せる?』は無理でも、1年で12.8キロ減、楽しく続いたダイエットのきっかけとは?

最近会う人会う人に「痩せた?」と聞かれます。「痩せた」と答えると、ほとんどの方はこう聞き返します。「どうやって痩せた?」と。。。みなさん気になるんですね。

 

「2週間で10キロ痩せる」とは程遠いですが、「1年で12.8キロ痩せた」という生の体験談を皆さんに共有できればと思います。

 

ダイエットのきっかけって、人それぞれですよね?
・今まで着ていた服が切れなくなった
・健康診断の結果が悪かった
・「最近太った?」と言われた
・かわいい水着着たい
・もてたい
などなど。。。

 『ライフシフト』との出会い

私の場合は、ダイエットを意識したのは、ライフシフトという本を読んだのがきっかけです。最近の社会情勢を考えると、これまで考えていた「老後」を年金だけで過ごすということは現実的ではありません。ある程度は自分で収入を得ておく必要があります。それはもはや「老後」でなく、「セカンドキャリア」として考える必要があります。

LIFE SHIFT(ライフ・シフト)

LIFE SHIFT(ライフ・シフト)

 
まんがでわかる LIFE SHIFT

まんがでわかる LIFE SHIFT

 

 
しかし、『ライフシフト』という本を読んで考え方が変わりました。これからの人生、100歳まで生きることが当たり前になってくる。

これまでの人生設計として、

・22歳頃まで社会にでるための勉強

・30歳頃までは社会人としての勉強

・60歳まで家族のために働く

・60歳以降は老後

という構成になります。これが少し変わりつつあります。少子高齢化の影響により年金を受け取れる時期が遅くなり、そしてその金額も本当に十分な金額を得られるかどうかあやしくなってきています。老後を過ごすためには、自分である程度の収入を得る必要があります。そうなってくると、当然健康である必要があります。「老後」も引き続き稼ぐために健康でいる必要があります。

 

 

『老後』へ向けて

以前の私の考え方では、60歳を超えたおじいちゃんはよぼよぼで周りに”生かされている”というイメージでした。体が動かないので、自分では何もできず、”介護”されることが前提になると考えていました。60歳を超えても元気に働けるためには何が必要・・・?『健康』ではないでしょうか?60歳を超えても健康であるためには、今から健康を意識しておく必要があると思いました。まずは肥満体型を直すこと。

毎年人間ドッグでかなり低い判定をいただきます。ここ数年はD判定ですね。デスクワークが主な業務になっているので、日頃から運動することは少なく、どうしても肥満体型になってしまいがちです。甘いものを好きですし。

一概には言えませんが、肥満度が高いと長生きする確率も低下すると思われます。痩せているから長生きするとは限らない。しかし、長生きしている人に肥満の人は少ないでしょう。

 

 

『2週間で10キロ痩せる』が目標ではない

60歳を超えても健康でいるためには、今から健康を意識して、少なくとも”標準体重”ぐらいにはなっておく必要がるのではないかと思いました。これが私のダイエットへのきっかけです。

単純に見た目を気にしたダイエットではありません。あくまで「健康になるためのダイエット」です。

『2週間で10キロ痩せる』なんてことは言いません。まずは「健康な体を手に入れる」ために少しずつ体重を落としていこう!という考えです。

 

そんなわけで、100歳まで生きるために、健康に意識をし始めたのがダイエットのきっかけです。

 

次回は、これまで失敗してきたダイエットを振り返りたいと思います。