blitz-time

人生100歳まで楽しもう!


最近歳のせいか、よく将来について考えるようになりました。
そんななか、ライフシフトという本を読み、100歳まで生きるために
何が必要かを考えるようになりました。人生100まで楽しもう!

瞑想しながら理想の大人になれているかを自問自答

f:id:mfblitz:20200211230551p:plain

子供も大きくなり、春からは子供3人とも新しい生活が始まります。それに伴い、家の中の部屋割りなんぞも変わってくるわけです。

年頃の子供たちは当然自分の部屋が欲しくなるわけで。。。。狭い家でなんとかやるには親が妥協しなければなりませぬ。。。

昔は一人で部屋を独占、最近は次男と同室・・・・そして、春からはとうとう、リビングの端っこに追いやられることになりました。。。

 

最近、これからの人生を考えるにあたり、やはり勉強が足りないなぁと感じていたので、今後、どのようにして自分の時間を確保し、勉強に取り組むかを考えていた矢先、集中できそうな空間の確保ができなくなりました。。。

 

とりあえず、部屋割りについては致し方ないので、その環境でいかに集中できるか?が課題となりますが、何かしらの作業をする際には、音楽を聴いていれば、それなりに集中・没頭できるタイプなので、家の中の雑音やノイズ、家族の会話や生活音をシャットアウトすることも可能かもしれませんが、静かに集中したい場合もあるんですよね。。。その時はどうすればいいだろうか。。。

 

 

ようは「瞑想」したい場合があるんですよね。よく頭の中が混乱することが多いので、ぼーっとして、頭の中を整理する時間が必要です。

予行練習がてら、家族がいるリビングで一人イヤホンで音楽を聴きながらボ~っとしてみました。

 

始めは他人の存在が気になりましたが、5~10分ぐらい音楽に集中していると、周りが気にならなくなり、頭がクリアになってきました。

 

だいぶ前振りが長くなってしまいましたが、その、頭がクリアになってきたときに、頭の中に湧いてきたのが「今の自分はいけているのか?」という疑問でした。こういうときって、今一番気にしていることが頭に浮かぶのかな?と思いました。もしくは、その時に聞いていた音楽に自然と感化されたのかな?とも思いますが。

 

 

で、その「今の自分はいけているのか?」に対する答えですが、そんなものわかるわけはありません。「いけている」となれば話が早いですが、悩んでいる時点で行けているわけがないですね。今の自分に不満があるからそのような疑念が生まれるのでしょう。

 

では、「いけている自分」ってどのような状態なんでしょうね?

 

現在、46歳です。自分が若かったころにいた会社の46歳の人ってどんな人がいたでしょうか?大体部長レベルでしょうか?もちろん会社の規模などにもよるので、一概には言えませんが、総じて、それなりの責任のある仕事や役職についていたのではないかと思います。そのような方々を見ていたので、自分の今のあるべき姿をそのようにイメージしているのかもしれません。

仮にそれが自分の理想像であった場合、今の自分はそこまでには達していないのは間違いないかと思います。そして、自分には一生その理想には到達しないと思います。

理由は「性格」でしょうか・・・この10年間はその理想に少しでも近づけるように少し無理をしてでも頑張ってみましたが、かなり精神的にはつらいものでした。

 

 

ここ数年で、自分の性格などを考慮し、自分の目指すべき道というものを定義してみましたが、それは元々イメージしていたものではありません。自分が若かったころに活躍していた方々と同じようにはなれません。しかし、できる限り長く社会人として活躍するためのベストな選択であるとは思っています。

とはいえ、イメージとしてはレベルダウンしたような感じになってしまうので、社会的にはどうなのだろうと考えてしまいます。

上を見るときりがないですよね。同じ年で同じ業界の成功者といえば、サイバーエージェントの藤田社長がいます。同じ年でありながら、あれほどの成功を収める方ですので、尊敬に値します。ですが、同じ道を歩もうとは思いません。性格も違いますし。

 

自分で定義した道ではありますが、「賢い選択」なのか、「甘え」なのか、なかなか線引きが難しいものがあります。苦労しているのは自分だけではないですからね。

 

社会で大成功して大金持ちになりたいわけではありません。遊んで暮らしたいわけでもありません。家族が大きな苦労をせずに、それなりに暮らせれば十分ですし、子供たちに尊敬され、そして少しでも社会に貢献できれば言う事なしです。