blitz-time

人生100歳まで楽しもう!


最近歳のせいか、よく将来について考えるようになりました。
そんななか、ライフシフトという本を読み、100歳まで生きるために
何が必要かを考えるようになりました。人生100まで楽しもう!

(たぶん)ゲーム障害の息子と一緒にゲームをやってみた

f:id:mfblitz:20191208224732p:plain

ここ最近ずっと格闘しているゲーム障害見込みの息子の気持ちも少しは理解する必要があると考え、一緒にゲームをしてみることにしてみました。

 

私も子供の頃はゲームばかりしてました。20歳後半からは仕事が忙しく、ゲームからは遠ざかり、最近では、流行りのゲームの複雑さについていけず、たまにやっても楽しく感じることはあまりありませんでした。

 

で、今息子が夢中になっている「フォートナイト」。我々親にとっても憎むべき相手ですが、ゲーム自体に罪はありませんので。。。

で、家族で使っているノートパソコンに「フォートナイト」をインストールしようとしたのですが。。。空き容量不足。。。60ギガ以上要求されました。そんなに空き容量ないよ~。

 

あきらめて、自分のデスクトップPCにインストールを試みました。サブディスクには十分な空き容量があるので、一通りインストールを完了し、いざ起動。。。

エラーで起動せず。。。。どうやらGPU(グラフィックCPU)のスペック足らず。。。

なにせ古いパソコンなので。。。。う~む。

 

そういえば、息子はSwitchからPS4に移行したので、そのSwitchが余っています。

そして、実はその息子は次男なので、長男がいるわけですが、その長男もSwitchを持っています(この長男はスマホ中毒です。。。)。そのSwitchを借りて、私と、次男と、一番下の長女(小6)で「フォートナイト」を一緒にプレイしました。

 

 

そして、息子と一緒にゲームを遊ぶことで、いろいろ気づいた点があります。

 

このゲーム、さすがにやり方もわからずにいざ始めようとしても、まったくわかりません。何から始めたらいいのかわかりません。いつも息子が遊んでいる画面へ進めません。いろいろ悩んでいると、息子がいろいろ教えてくれます。

同じ部屋ではあるものの、各々が自分の端末で、部屋のあちらこちらでプレイしているわけですが、息子は自分の操作をして、その場を離れ、私のところ、娘のところへ駆け寄り、それぞれの設定を進めてくれ、忙しく駆けずり回っていました。

 

凄く親切だな。。。と。。。

凄く面倒見がいいのだな。。。と。。。

 

感心しました。これまであまり見たことがない光景でした。いつも手間がかかり、一つ一つ教えてあげないといけないあの息子が、親切丁寧に人に教えてあげている。そして世話をしてあげている。

この子にもこういうことができるのだなと非常に感心しました。

 

ゲーム遊びという狭い範囲ではありますが、このような行動を見ることができたのはとても収穫です。今はゲーム遊びの範囲ではありますが、社会人になったら、保育士とか福祉とかで人の面倒を見るような仕事には向いてたりするのかな。。。なんて夢を見てしまいました。現実になるといいな。。。

 

 

そして、もう一つ気づいたこと。

最近はずっと「勉強しなさい」「ゲームやり過ぎ」など叱ってばかりいました。毎日口論。そのような生活が続いている中で、一緒にゲームをやっているときは、満面の笑みで接してくれました。

友達とオンラインでずっと楽しく遊んでいるのは知っていましたが、あくまで外に向いた笑みです。今回は私たちに向けてその喜びを向けてくれました。

ゲーム遊びの中とは言え、息子とこんなに笑いあったのはかなり久しぶりです。

 

さらに、長男も加わり、いつの間にか、これもかなり久しぶりの家族全員の団欒ができていました。これは、まさに、「家族がゲームをつないだ」ともいえるのかもしれません。

 

ゲームも悪くないな。。。と思ったひと時でした。

 

以前から言っているように、ゲームをやることは全く否定しません。ゲームの中で輝く子もいれば、ゲームに救われた人もいるでしょう。

大切なのは「ゲームだけに依存しないこと」「ゲームに支配されないこと」です。メリハリをつけ、バランスよく、ゲームをして、その他のことにも力を入れてもらいたいなと思っています。

 

ゲームだけで将来生きていけるほど人生はあまくないわけですから。。。