blitz-time

人生100歳まで楽しもう!


最近歳のせいか、よく将来について考えるようになりました。
そんななか、ライフシフトという本を読み、100歳まで生きるために
何が必要かを考えるようになりました。人生100まで楽しもう!

(たぶん)ゲーム障害の息子の立ち直りを促すために入学試験対決をやってみた

f:id:mfblitz:20191207230331p:plain

ゲームばかりして受験勉強をしない息子と入試テスト対決をしました。

 

パパと対決して、パパより高かった点数×10分間ゲーム時間を延長するというママの提案によるものです。

 

とある私立高校の数学の過去問でした。

 

いやいや、私、数学得意でしたよ。

難関校の入試問題ならともかく、平均レベルの高校の数学程度、7~8割取って当たり前っしょ!?と。

 

ゲーム時間を確保した息子は乗ってきました。

 

試験時間は1時間。キッチンタイマーで時間計測(笑)、さあ、試験開始です!

 

いざ、試験を開始した直後に、予想外の事件に出くわしました。なんと、

 

問題の字が小さすぎて読めない!!!!

 

最近、老眼なもので。。かなり厳しいです!

いつもかけている眼鏡では焦点が合わず、外して仕切り直し。。。なかなかつらい。

 

 

息子は息子で、面倒な計算をするのが嫌いで、「ゲームのためじゃなかったら、絶対止めている!めんどくさい!!」とグチグチいいながら。。。こんな子に負ける気がしない。

 

で、問題を解き始めましたが、冒頭は方程式や因数分解など。。。

1問解くのに予想以上の時間を要していますが、それなりに解き進め。。。。

壁にぶち当たりました。

 

円の面積の公式ってなんだっけ!!!

 

円周の長さは・・・2πrだっけ・・・?

円の面積は・・・? ●πr²だったよね?●ってなんだっけ?

まったく自信がない状態で導き出したファイナルアンサーは

 

円の面積=(3/2)×πr²

 

・・・はい、笑ってください。。。やってしまいました。

考えてもでてこないので、これで勝負するしかありませんでした。

 

そして残念なことに、面の面積を使う問題がこのあとに3~4問あり。。。

 

図形の問題なども含め、考え方が全く分からないものは少なかった。

それなりに解答までたどり着いたので、手ごたえ自体はありました。

 

隣で息子は「この問題は習ってない!」とかまたグチが始まりましたが、「それは授業聞いてないからやろ」と思いつつも黙々と解き続けます。

 

いくつかすぐできそうになかったものは飛ばし、時間を見ながら、解き進め、最後の残りの問題を解き終わる前にキッチンタイマー鳴動!時間切れ。。。

 

 

全問解くことはできませんでした。。

 

でもそれなりに手ごたえはありました。おおむね解けたので、7~8割ぐらいはあるのでは?何より、息子には勝っているだろうと思います。

 

で、一緒に答え合わせ~。

 

1問目から間違う。。。私も、息子も。。。

簡単な1つ目の大問題からまあまあの低い正答率。結構自信があった問題もことごとく不正解。

 

そして、円の面積。。。。ご察しのとおり、公式の予想が外れ、ことごとく不正解。

 

その後も、手ごたえのあった問題もまあまあ間違い、かなり悲惨な状態。隣の息子も結構間違い。。なかなかの接戦です。。。ドキドキ。。負けるわけにはいかないですよ。得意な数学で、親の威厳もあります。。。

 

で。。。。

 

結っ果発表~~~~!!!!!(ハマちゃん風)

 

息子:44点

 

わたし:38点

 

 

 

 

ノーーーーーーーーーーーッ!!!!!!!

 

 

父の威厳やプライド、そして自信が崩れ落ちた。。

ゲームばかりやっている息子をコテンパンにやっつけてやろうと思っていたのですが。。。

 

敗因は、面積の公式と老眼です。。。

 

見直しすると、結構なイージーミスも多かった。これは老眼が原因だな。。。見落とし。。いろいろ見えていなかったのかも(笑)

 

かくして、息子は60分のゲーム時間延長を手にしたのであった。。。

 

息子はその結果だけに喜び、44点という点の悪さには見向きもせず。。。ゲームに戻りました。。。私は悔しく、そして不甲斐なく、納得できないため、問題の見直し、解き方の確認。。。。いやいや、受験勉強はこうあるべきでしょう。。。息子よ。。お父さんを見習って見直しとかしなさい。。

 

息子やいつ覚醒するのやら。。。。

 

ちなみに、息子の気持ちを理解するために、一緒にゲームしようかなと。。。さっき約束したので、今呼ばれています。。。これ、書き終わったらゲームに行ってきます。。